Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

Classiの高校生向けサービス、導入学校数が1800校以上、有料利用者数は70万人を突破

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/04/26 18:35

 ベネッセホールディングスとソフトバングの合弁会社であるClassiは、同社が提供する高校生向けの学習支援クラウドサービスの導入学校数が4月時点で1800校以上となり、有料利用者数は70万人を突破したと、4月25日に発表した。

 Classiは、文部科学省策定の「教育の情報化加速化プラン」に賛同し、クラウドやスマートデバイスなどの技術を活用し、学校教育のデジタル化推進によって、多面的な学習指導などの必要性や、教員へのさまざまな業務負荷の増大といった問題を解決する、総合的なサービスを提案している。

 4月からは、動画コンテンツを大幅に拡充し、義務教育範囲の学び直しから大学受験対策まで、約2.5万本の動画を利用可能にするとともに、5分の動画と確認問題をセットにして取り組めるようにして、反転学習や宿題、ベネッセのテストの事前事後学習など、より幅広いシーンで活用できるようにした。

 同社のサービスは、全国の約90%の高等学校で採用実績のある、ベネッセによるアセスメントの成績との連携によって、1000以上の単元と6段階の難易度から、最適な動画と確認問題をレコメンドするなど、個々の生徒の学力に応じた学習を可能にしている。


【関連リンク】
Classi

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0