EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

FRONTEO、AIが児童虐待の兆候を早期に検知するソリューションの提供を開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/17 11:20

 FRONTEOは、独自開発の自然言語処理AIエンジン「KIBIT(キビット)」を活用した、児童虐待の兆候を早期に検知するソリューションの提供を、6月12日に開始した。

 同ソリューションは、同社がAIによって大量のテキストを解析し、企業の業務の高度化を進めてきた実績を活かして開発されたもので、相談記録や面談記録などから実際に児童虐待と認定されたものや、重篤化したケースを教師データに使用し、ベテランの児童福祉司や相談対応者の判断軸を学ぶ。

 さらに、自治体や児童相談所で虐待を受けた可能性がある相談記録や家庭訪問での面談記録のテキストを解析し、「KIBIT」の機能を使用して教師データの文章に類似度が高い文章から順番に並び替えを行い、相談対応者が早期に対応する必要がある記録から順に確認できるようにする。

「KIBIT」による相談記録の解析イメージ
「KIBIT」による相談記録の解析イメージ

 同ソリューションの利用により、児童虐待の可能性があるケースを見逃すことなく、早期対応を支援することで、AIによる相談対応業務の高度化を実現していく。

 なお、同ソリューションは自治体や児童相談所のニーズに合わせた設計の変更にも対応している。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0