Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

中高生54名が訪日外国人170組・406名を英語でガイド、「Welcome to OUR SHIBUYA Project 2017」

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/08/28 17:40

 レアジョブとUPコミュニケーションズは、中高生が渋谷駅と原宿駅周辺で訪日外国人を英語で観光案内するイベント「Welcome to OUR SHIBUYA Project 2017」を、8月27日に開催した。

Welcome to OUR SHIBUYA Project 2017
「Welcome to OUR SHIBUYA Project 2017」でのワンシーン

 「Welcome to OUR SHIBUYA Project 2017」は、学生たちに英語でのコミュニケーションの機会を提供し、英語が通じる楽しさを体感してもらうとともに、訪日外国人に日本や渋谷の魅力を発信すべく、平成28年よりスタートしている。

 当日は、応募倍率約2倍の中から選ばれた、中学1年生~高校3年生の計54名が、5~6名のチームに分かれて計10チームを結成。14時から、渋谷駅と原宿駅に分かれて案内を開始した。

 最初は、なかなか声をかけられなかったり、案内を断られるケースもあったものの、「Can I help you?」ではなく、まず「Hello」と声をかけて振り向いてもらえるようにするなど、各チームそれぞれ工夫し、原宿では明治神宮の中をじっくりと案内するチームも。最終的に、406名(170組)の訪日外国人に渋谷・原宿の街を案内し、交流を図っている。

 3時間の観光案内を終えた中高生は、「大変だった」と語る一方で、「自分がこんなに英語でコミュニケーション取れるなんて思っていなかった!」「もっとボランティアやってみたい!」など、意欲の向上が見られた。


【関連リンク】
レアジョブ
UPコミュニケーションズ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0