EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

ロボット教材やビジュアル型プログラミングツールで機械学習を体験できる、指導者向けワークショップが大阪・東京で開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/01/31 17:30

 アフレルは、中学・高校の先生や民間の指導者を対象とした「AIを知ろう!体験ワークショップ~機械学習×Scratch×EV3~」を、3月27日に大阪、3月30日に東京で開催する。参加費は無料。

 「AIを知ろう!体験ワークショップ~機械学習×Scratch×EV3~」は、ロボコン新人戦「アフレルスプリングカップ」同会場内で開催される。

 本ワークショップでは、ビジュアル型プログラミングツールの「Scratch(スクラッチ)」や、カメラ画像でさまざまな物を見分けることができる機械学習用の拡張機能「ML2Scratch」、直感的に制御できるロボット教材「教育版レゴ マインドストーム EV3」を用いて機械学習を体験できる。ビジュアルプログラミングを使用することで、プログラミングが初めての人でも、学校や塾、教室で生徒に教えることができる内容となる。

「AIを知ろう!体験ワークショップ~機械学習×Scratch×EV3~」で使用
「AIを知ろう!体験ワークショップ~機械学習×Scratch×EV3~」で使用

 開催日は大阪が3月27日で、東京が3月30日。開催時間は両会場とも10時30分から12時までとなっている。大阪会場は大阪工業大学 梅田キャンパスで、東京会場は大田区産業プラザPiO。対象は中学・高校の先生、民間の指導者で、定員は各20名(先着順)。なお、参加申し込みはPeatixより行う。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0