Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

米BSAのビクトリア A. エスピネル氏、日本の女子高生に「女性がより革新的な製品を生み出す」と講演

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/04/14 14:30

 ライフイズテックが4月11日に開催した、全国の女子高生を対象にしたITワークショップ「Code Girls」において、米BSA | The Software Allianceのプレジデント兼最高経営責任者・ビクトリア A. エスピネル氏が、女性エンジニアのキャリアやIT業界の展望について講演を行った。

 「Code Girls」は、IT企業や団体と連携して、実際に働く女性エンジニアの講演などを通じて、女子中学生・高校生がIT業界に興味を持つきっかけを提供するワークショップ。4月11日のワークショップでは、11名の女子高生がiPhoneアプリの開発を学ぶとともに、エスピネル氏の講演を聴講した。

 エスピネル氏は、女子高生に対して「急成長しているソフトウェア産業は、多くの産業のイノベーションに貢献しているものの、深刻な人材不足に直面しています。私は、女性がソフトウェア開発のプロセスに関わることで、より革新的な製品が生まれると考えています。ソフトウェアは、コミュニケーションの取り方やビジネスの進め方など、ありとあらゆる物事を変えます。それを開発する現場には、今後も多様な視点が必要です」と語っている。

 また、ライフイズテックにおける「Code Girls」のディレクターである西村諭美氏は、「女性向けサービス需要の高まりを背景に、女性エンジニアに対するニーズは確実に増加しています。Code Girlsが、女子中高生がITに興味を持つきっかけとなり、彼女たちのキャリアの選択肢が増えることに期待しています」と語った。


【関連リンク】
BSA | The Software Alliance
ライフイズテック
「Code Girls」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0