Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

約300名の学生が受講、7大学・専門学校で実施の「ブロックチェーン無償教育プログラム」、PHIが新パートナー企業に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/19 19:00

 IOST/IOS財団は、大学・教育機関向けの「ブロックチェーン無償教育プログラム」に、ブロックチェーン技術を活用したプロダクト開発を行うPHIが新たにパートナーとして参加したことを11月19日に発表した。

 IOST/IOS財団は、日本での活動開始当初から、地方でのブロックチェーン技術の理解と潜在的な開発者の育成に力を注ぎ、大学・教育機関でのワークショップやプログラミングハンズオンの提供を行ってきた。

 「ブロックチェーン無償教育プログラム」では、これまで山口大学 工学部、大阪産業大学 デザイン工学部 情報システム科、レロッシュ大学(スイス)など7大学・専門学校で実施され、約300名の学生が受講している。

「ブロックチェーン無償教育プログラム」の様子
「ブロックチェーン無償教育プログラム」の様子

 本プログラムではIOST/IOS財団に加え、法律事務所ZeLo・外国法共同事業や、スマートコントラクトを使ったブロックチェーンアプリケーションの開発などを行うエバーシステムがパートナー企業として参画していたが、今回新たにPHIが参加。

 PHIは、近畿大学生が立ち上げたブロックチェーン開発のスタートアップ企業。自社サービス開発、受託、コンサルティングを行うほか、ブロックチェーン技術を活用した働き方改革を実現するプラットフォーム「GUILD」を開発中で、GUILDプロジェクトは、国内インキュベーターからシードラウンドの資金調達を完了している。

 なお、法律事務所ZeLo・外国法共同事業が法律・法規制のワークショップを担当し、エバーシステムとPHIが開発・技術のワークショップ・ハンズオンを担当する。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0