Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

大手前大学通信教育部、デジタルハリウッドの授業活性化サービス「デジタルハリウッドアカデミー」を導入

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/08/09 14:35

 大手前大学通信教育部は、デジタルハリウッドが提供するeラーニングを活用した授業活性化サービス「デジタルハリウッドアカデミー」を、平成30年4月より導入する。

 「デジタルハリウッドアカデミー」は、2005年のデジタルハリウッド大学開学当初から培ってきた、eラーニングと対面授業を組み合わせる「ハイブリッド教育」のノウハウを活かし、大学、専門学校、スクール、塾、教育サービス企業などの授業活性化を支援するサービスの総称。

 大手前大学通信教育部は、2010年の開設以来、eラーニングでの学習を基本とし、全科目完全自由選択制の導入など、学びやすさに主眼を置いて制度面を充実させてきた。

 平成30年度は、これまでの学びやすさに加えて、とりわけ20~40代の女性や主婦、デザインスキルを使った副業を始めてみたいと考えている人、Webデザイナーやコーダーとして仕事の幅を拡げたい人、資格を取ってキャリアアップしたい人などを対象に、仕事や職につながる科目を意識したカリキュラムを編成する。

 デジタルハリウッドは、仕事や職につながる科目の1つとして、Webデザイン分野、Webライティング分野、映像制作分野のeラーニングコンテンツ「デジタルクリエイティブプログラム」を提供するとともに、求人・仕事情報なども提供し、科目修了後のサポートを行う。


【関連リンク】
大手前大学通信教育部
デジタルハリウッド
「デジタルハリウッドアカデミー」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0