Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

ALSOK本社にて小学生を対象にした職業体験プログラムを実施

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/08/07 16:00

 フューチャーイノベーションフォーラムとALSOKは、7月26日にALSOK本社において、小学5~6年生を対象にした職業体験プログラムを実施した。

 同プログラムは、社会の仕組みや働くことについて考えるキャリア教育の場として、フューチャーイノベーションフォーラムとALSOKが共同で企画・運営しているもので、これまで80名超の子どもたちを受け入れており、今回が5回目となっている。

 参加したのは、抽選で選ばれた19名の小学5~6年生で、「人とITが融合した未来のセキュリティ」をテーマに、警備ロボットや飛行ロボット、ウェアラブルデバイスや画像解析技術など、最新テクノロジーを使った未来の警備を体験し、ガードマンの心得や基本動作についても学習した。

未来の警備体験
ウェアラブルデバイスを用いた未来の警備体験

 このほか、サイバー犯罪対策や高齢者介護など、警備会社の活躍する領域が広がっていることを学ぶとともに、今回はじめての試みとして、心臓マッサージの技量を測定・可視化するシステムを用いた救急救命講習を受講している。

救急救命講習
救急救命講習

 なお、プログラムの最後には、ALSOKの青山幸恭社長への質問会も行われ、子どもたちから「仕事をするときに大切にしていることは何ですか?」「小さい頃の夢は何ですか?」といった質問が寄せられた。


【関連リンク】
フューチャーイノベーションフォーラム
ALSOK

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0