Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

ジャストシステム、中学校向け学習・授業支援ソフト「ジャストジャンプ8」を6月発売、新学習指導要領に対応

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/03 15:30

 ジャストシステムは、中学校向け学習・授業支援ソフト「ジャストジャンプ8」を、6月24日に発売する。

 「ジャストジャンプ8」は、2021年度から中学校にて実施される新学習指導要領に対応した中学校向け学習・授業支援ソフト。

 国語・数学・理科・社会・英語(外国語)において、ICTを活用した方が理解しやすい単元で、情報活用能力を育成するための授業を実践できるよう、指導略案とワークシート、教材がセットになっている。また、情報活用能力の3観点8要素のうち、どの観点・要素の取得を目指した授業なのか、授業のどの部分でICTをどのように活用すれば効果的かなどの情報も、あわせて提供される。

 技術科の必修項目として新たに加わった「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミングによる問題の解決」に対応した、「アプリデザイナー」と教材、指導略案を追加しており、自身が行った操作に対して反応が返ってくる(双方向性)アプリの開発・設計、相互評価を通して仕組みを理解し、課題を見つけ出して解決する力を育成する。さらに、思考や手順を可視化するアクティビティ図作成ツールを使った、プログラミング設計も体験できる。

 そのほか、スマートフォンやパソコンを使うときのマナー、SNSでのトラブルの対処方法などを実践的に学び、情報社会で適正な活動を行えるよう情報の権利や扱い方、セキュリティや社会のルールなどを1教材あたり20分程度で学習可能なストーリー型教材を提供する。朝活動など短時間で利用できるクイズ形式の教材、保護者会などでも使える提示型教材も収録している。

 必要なソフトや教材をひと通り導入可能なオールインワンソフトなので、学習する場所や情報端末の種類を問わず、一斉学習、協働学習など、さまざまな授業スタイルに対応する。オフィス互換ソフト「JUST Office」の最新版や動画作成ソフト、協働学習ソフトとともに、授業支援ソフトも提供するため、導入費用や選定の手間を削減できる。

 対応OSは、クライアントがWindows 10/8.1、サーバがWindows Server 2019/2016/2012 R2/2012。

 ラインアップは、1ライセンス単位で購入可能な「JL-Education ジャストジャンプ8」、1学校/センター単位で50ライセンス/100ライセンスを導入できる「JL-Education ジャストジャンプ8 [教育センター版50/100]」、学校単位で利用可能でクライアント数の上限がない「JL Education専用 ジャストジャンプ8 学校ライセンスEx(5年間)」の3種類で、価格はいずれもオープン。

 なお、別途「ジャストジャンプ8 インストールメディア・マニュアルセット(DVD)」も用意している。税別価格は5000円。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0