EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

「WAO!LAB」、ロボットプログラミングや3Dプリンタを使ったデジタルものづくりを体験できる「夏のオープンスクール2017」を開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/12 17:25

 ワオ・コーポレーションが運営するロボットプログラミング教室「WAO!LAB(ワオラボ)」は、小中学生を対象にした、ロボットプログラミングの授業や3Dプリンタを使ったデジタルものづくりの特別講座を体験可能な「夏のオープンスクール2017」を、7月15日~9月3日の土・日・祝日に開催する。

 「夏のオープンスクール2017」では、「サッカーロボットコース無料体験」「ブロックロボットコース無料体験」「<夏の特別講座>レジン×3Dプリンターで“光るブレスレット”づくり」「<夏の特別講座>3Dプリンターでデジタルものづくり」の4コースを用意している。

 開催日時は、7月15日・16日・17日・22日・23日、8月6日、9月2日・3日の、午前が10時~12時、午後が13時30分~15時30分。開催場所は「WAO!LAB」(大阪府大阪市)。

 「サッカーロボットコース無料体験」では、ロボットサッカーの世界大会で活躍するロボットを使用し、センサやモーターをプログラミングしてロボットを動かし、サッカーを行う。対象は小学4年生~中学3年生(保護者の付き添いが必要)で、参加費は無料。開催日時は全日程の午前と、7月22日以降の午後で、定員は各日4名。

 「ブロックロボットコース無料体験」では、ロボットパーツを組み込んでオリジナルのロボットを作り、プログラミングソフトで自由自在に動かす。対象は小学1年生~3年生(保護者の付き添いが必要)で、参加費は無料。開催日時は全日程の午前と、7月22日以降の午後で、定員は各日4名。

 「<夏の特別講座>レジン×3Dプリンターで“光るブレスレット”づくり」では、3Dプリンタで作った枠にLEDを組み込み、レジン(樹脂)を流し込んでオリジナルブレスレットを作る。対象は小学1年生~4年生(保護者の付き添いが必要)で、参加費は税込で1000円。開催日時は7月15日・16日・17日の午後で、定員は各日6名。

 「<夏の特別講座>3Dプリンターでデジタルものづくり」では、3Dプリンタを使ってオリジナルグッズを作成するほか、パソコンで3Dデータを作る方法も学べる。対象は小学3年生~中学3年生(保護者の同伴・見学歓迎)で、参加費は税込で4800円。開催日時は7月15日・16日・17日の午後で、定員は各日8名。


【関連リンク】
ワオ・コーポレーション
「WAO!LAB」
「夏のオープンスクール2017」



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0