Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン、「Unity VR Archi Contest 2019」を開催、教育機関に「Unity BIM Importer」無償提供も

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/02/28 16:05

 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、BIM(Building Information Modeling)データを活用したコンテスト「Unity VR Archi Contest 2019」を開催する。提出期限は3月31日。

Unity VR Archi Contest 2019

 「Unity VR Archi Contest 2019」では、BIMで設計された建築・建設の3DデータをWeb上で公開し、建築・建設分野のエキスパートの審査を経て、優秀作品を決定する。また、募集期間中は応募者に対して、作品提出に必要な「Unity Proライセンス」の無償貸与を行う。

 これまでに制作したBIMデータがあれば、誰でも参加が可能で、「ARCHICAD」「Revit」「Rhinocerose」で制作した設計データを「Unity」に取り込み、設計コンセプト、設計図面、CGパースなどとともにVRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」へアップロードすることで応募できる。

 なお、「Unity」にBIMデータを直接取り込める機能である「Unity BIM Importer」は、新たにプロジェクトレビューソフトである「Navisworks」に対応し、図面やプロパティの表示が可能になった。また、教育機関に対して、「Unity BIM Importer」の全機能を無償提供している。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0