Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

幼児さんすう総合研究所、未就学児向けのさんすうスクール「SPICAwithLaQ」を開講

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/02/20 15:00

 幼児さんすう総合研究所は、知育玩具「LaQ」を使った未就学児向けのさんすうスクール「SPICAwithLaQ」を、4月に東京・恵比寿で開講する。

 「LaQ」は、7種類の小さなパーツから、平面・立体・幾何学体など、いろいろな形を作れる知育玩具。パーツを組み立てる動作を通じて、想像力・表現力・色彩感覚・集中力・数学的思考・論理的思考を身につけられるほか、1つのものを作り上げることで達成感を感じることができる。

LaQ
LaQ

 今回、開講する「SPICAwithLaQ」では、「LaQ」と積み木、パズル、折り紙、プリントなどを効果的に組み合わせて、手と頭を使って体験的に算数を学ぶ。

 小学校で学ぶ算数のテーマを体系的に整理し、一定周期で同じテーマをらせん階段状に学べる構成なので、楽しみながら算数的思考力や創造力を身につけられる。

 指導は、日本初の「幼児さんすうインストラクター」資格を持つ講師が担当する。

 開催日時は4月9日より毎週1回、年間42回を予定している。定員は1クラス5名までで、税別の受講費は月額1万8000円。

 そのほか、「SPICAwithLaQ」の開講にともない、3月27日・28日に東京国際フォーラムで行われる「かぞくみらいフェス2019」に出展する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0