Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

子どものプログラミング教育向けに開発された「IchigoJam BASIC」のver1.3がリリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/01/25 13:05

 jig.jpグループのB Inc.は、子どものプログラミング教育ツールソフトウエアとして開発した「IchigoJam BASIC(イチゴジャム ベーシック)」のver1.3を2019年1月25日よりリリースする。

 「IchigoJam BASIC」は、LEDをつけたり消したりするプログラミングの初めの一歩からゲーム作りまでを1時間程度のワークショップで体験可能な、プログラミング学習用に開発されたOS。はんだづけやブレッドボード上で組み立てる工程など、電子工作の体験学習ができる。

 「IchigoJam BASIC」ver1.3では、さくらインターネットのIoTプラットフォーム「sakura.io」を用いたデータのやり取りが、より簡単にできるようになる。

 これにより、従来の「IchigoJam」では「sakura.io」モジュールの仕様を把握してプログラミングする必要があった通信処理を、コマンド1つで実現できるようになる。また、「sakura.io」モジュールと「IchigoJam BASIC」を接続しやすくするための「IchigoJam」互換機「IchigoSoda」(さくらインターネット製)を使用することで、さらに簡単にIoTプログラミングを体験・利用することができる。

「IchigoSoda」
「IchigoSoda」

 バージョンアップ方法は2つあり、公式Webサイトからファームウェアをダウンロードして自分でバージョンアップする方法と、PCNの有償バージョンアップサービスを利用する方法の、いずれかを選ぶ。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0