SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

Apple、無料プログラミング講座「Hour of Code」セッションを全直営店で12月1日~14日に開催

 米Appleは、12月1日~14日の期間にすべての直営店で開催する無料のプログラミング講座「Hour of Code」セッションへの参加登録受け付けを、11月26日に開始した。

 「Hour of Code」セッションは、さまざまな技能レベルの人にプログラミングを学ぶきっかけを与えるもので、6歳~12歳を対象にしたロボットプログラミングに関するセッションや、12歳以上を対象にしたSwift PlaygroundsとiPadでプログラミングの概念を学ぶセッションを提供する。

 さらに、「コンピューターサイエンス教育週間」を記念して、Swift Playgroundsおよびその他のアプリを使って教室でプログラミング講座を開く教育者を支援すべく「Hour of Code Facilitator Guide」を作成したほか、教職員や学生、プログラミング教室の指導者などがプログラミング教室を始めるために必要なツールを揃えた「Swift Coding Clubキット」も用意している。

 ほかにも、高校生や大学生が需要が大きく高度な技術が求められる職業に応募できるような必須技能を身に付けることを目的としたカリキュラム「App Development with Swift」も提供しており、同カリキュラムを履修した学生は、Swiftについての知識、アプリケーション開発ツール、アプリケーションのコアコンポーネントの知識についての認定を受けられる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/1628 2018/11/27 13:01

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング