EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

富士ソフト、「全日本ロボット相撲全国大会2018」を12月15日より国技館で開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/16 12:40

 富士ソフトは、「全日本ロボット相撲全国大会2018」を12月15日~16日に国技館(東京都墨田区)にて開催する。

 「全日本ロボット相撲大会」は、ロボット作りを通して「ものづくり」の楽しさを知ってもらう場を提供することを目的に1990年より開催され、今回で30回目を迎える国内最大規模のロボット競技大会。参加者が自作したロボットを力士に見立て、技術とアイディアで相手を土俵から押し出す競技で、参加資格に制限のない「全日本の部」と高校生だけが参加できる「高校生の部」で構成される。

 「全日本ロボット相撲全国大会」は「全日本の部」の全国大会。今年は全国6カ所で行われた地区大会の「全日本の部」で勝ち進んだ64台と、海外35カ国で行われた公認大会の開催国代表および、優勝ロボット148台が国技館に集結し、「第30代横綱」を目指してトーナメント方式で競い合う。優勝者には文部科学大臣杯と文部科学大臣賞が授与される。

 また当日は、手のひらサイズのマイクロロボット「プロロ(Proro)」を使ったロボット相撲プログラミング体験や、通常より小さいサイズで行うミニロボット相撲のプレ大会なども開催される。小さな子どもや家族連れでも手軽にロボット相撲を体験することができる。

 開催日は12月15日~16日で、15日は1回戦と2回戦が10時30分より開始される。16日は10時より開会式が、3回戦から決勝戦までの試合が10時30分より開始され、16時30分より表彰式が行われる。会場は国技館(東京都墨田区)。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0