Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

スイッチオン、ボードゲームでプログラミングの基礎を学べる教材「ALGOGLA」発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/02 12:15

 新潟県で子ども向けプログラミングスクールを運営するスイッチオンは7月31日、プログラミングを遊びながら学べるボードゲーム「ALGOGLA(アルゴグラ)」の発売を発表した。

 ALGOGLA(アルゴグラ)は、カードを並べることによりプログラムを組み立て、ゲームボード上のコマ(スプライト)を動かすゲーム。子どもから大人まで、一人から遊ぶことができる。2人以上の対戦プレイでは、ボード上に置いたチップ(トークン)をいかに早く多く獲るかを競う。

 コードカードはプログラミングの基礎である「順番に実行する」「処理を繰り返す」「条件によって処理を変える」という3つの原則を利用しているため、遊びながら自然とプログラミングの基礎を学べるとしている。

 今後は、2020年のプログラミング教育必修化に向けて、学校教育用アンプラグド教材としての開発も進める。

 価格は税別4480円。Amazon.co.jpや、イエローサブマリン各店、ロール&ロールステーションの実店舗・オンラインショップで販売している。

ALGOGLAの製品イメージ(公式サイトより引用)

ALGOGLAの製品イメージ(公式サイトより引用)

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0