Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

さくらインターネットなど、子ども向けプログラミング教室「IchigoJamで宇宙を見に行こう!」を、7月28日と8月18日に北海道で開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/19 18:50

 さくらインターネット、ビットスター、ナチュラルスタイル、jig.jpが運営する子ども向けプログラミング教室を開催するKidsVenture、NEXTDAY、インフィニットループとsyushuが運営するPCN札幌、およびSIAFラボは、成層圏気球を飛ばして空のデータを観測する子ども向けプログラミング教室「IchigoJamで宇宙を見に行こう!」を、7月28日と8月18日に開催する。

 「IchigoJamで宇宙を見に行こう!」では、温度・気圧・湿度を計測するセンサを搭載した子ども用パソコンIchigoJamを子どもたちが作成・プログラミングし、そのIchigoJamとカメラを載せた気球を成層圏に打ち上げて、環境データの蓄積および空から見る地球の写真撮影を行う。

気球打ち上げ時の様子
気球打ち上げ時の様子
気球から撮影した地球の写真のイメージ
気球から撮影した地球の写真のイメージ

 気球にはあらかじめ落下地点が設定されており、落下後にKidsVentureのスタッフが回収する。子どもたちは、センサデータを集計し、集計データや撮影した写真からわかる考察を発表しあう。

 7月28日の開催時間は10時~18時で、余市宇宙記念館にて気球に搭載するIchigoJamの作成およびプログラミングを行う。なお、気球の打ち上げは7月29日深夜に実施するため、子どもたちは自由参加となる。

 8月18日の開催時間は13時~16時30分で、ビットスター本社(北海道札幌市)にてデータを集計するとともに、考察内容を発表する。

 参加対象は小学3~6年生以上で、定員は18名。税込の参加費用は1万円。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0