Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

ゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2018」、ルール改定で自由なチーム結成が可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/11 17:35

 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社は、 高校生以下の学生を対象としたゲーム開発コンテスト「Unityインターハイ2018」の一部大会ルールの改定と作品を評価する審査員を発表した。

 「Unityインターハイ」は、高校生・高専生(3年生以下)の学生を対象に、Unityおよびプログラミング技術習得の奨励、才能の発掘を目的として行われるゲーム開発の全国大会。2018年で第5回を迎える。

 今回のルール改定で、所属する学校にかかわらず、他校の学生とも自由にチームメンバーを結成することが可能になった。

 また、審査員についても発表され、ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイドスタジオの山本正美氏をはじめ、ゲームや技術のエキスパートたち14名が公式ページにて紹介されている。

 作品申し込みにあたっての注意点など、詳細についてはUnityインターハイ2018公式Webサイトから確認できる。エントリーの締切は8月29日、作品のアップロードは8月31日が締切となっている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0