EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

N高とANA、「遠隔操作ロボ 通学コース」のトライアル授業を7月4日~13日に実施

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/04 16:54

 角川ドワンゴ学園N高等学校(N高)と、ANAホールディングスは、ANAが提供する遠隔操作ロボット「ANA AVATAR(Beam Pro)」を活用し、さまざまな制限によって通学が困難な生徒が参加できる「遠隔操作ロボ 通学コース」のトライアル授業を、7月4日~13日にN高・横浜キャンパスで行う。

 トライアル授業の参加者は、自宅からパソコンで「ANA AVATAR(Beam Pro)」を操作し、自身の分身としてロボットが横浜キャンパスへ通学することで、一般の生徒とコミュニケーションしたり、ディスカッションやグループワークを中心とした授業に参加したりする機会を提供する。

ANA AVATAR(Beam Pro)
ANA AVATAR(Beam Pro)

 通学コースでより実践的で双方向的な学びを得たいという意志があるものの、居住地域や身体的困難など物理的な制約によって自宅から授業を受けられるネットコースを選ばざるを得ない生徒が、遠隔操作ロボットを通してキャンパスを自由に移動しながら、他の生徒とコミュニケーションを行うことで、より参加意識が高まることが期待される。

 ANAは、時間・距離・文化・年齢・身体能力などさまざまな制限に関わらず移動可能な「AVATAR」の基礎技術を集約・発展させ、「AVATAR」で人々をつなぎ、世界をよりよくすべくイノベーションを加速させていくことを目的に「ANA AVATAR VISION」を策定しており、今回のトライアル授業によって遠隔操作ロボットを利用した遠隔地教育の実効性を確認する。

 トライアル授業の参加者はN高生2名で、アクティブラーニング授業「プロジェクトN」にてディスカッションやグループワークを行う。

 「ANA AVATAR(Beam Pro)」は、遠隔地のパソコンから遠隔プレゼンスシステム「Beam Pro」にアクセスすることで、互いに差し向かいの会話が可能で、液晶画面とマイク、スピーカーで顔を合わせて会話を楽しめる。

コミュニケーションのイメージ
「ANA AVATAR(Beam Pro)」による遠隔コミュニケーションのイメージ

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0