SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

小中学校における不登校の現状、教師・学校・保護者はどう支援すべきか

-[Vol.164]-------------------------------------------------------
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------
明けましておめでとうございます。EdTechZine(エドテックジン)編集部です。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


今回のおすすめは、小中学校における不登校の現状を踏まえて、
周囲の大人ができる支援について考える記事です。

不登校の児童生徒にとって本当に必要なものとは何か。
文部科学省発表のデータを読み解きながら、
不登校や中退の研究を行う、ジェイックの池本さんに解説していただきました。

詳細は、新着記事一覧をご確認ください。

また、2021年にEdTechZineで公開された記事の
アクセスランキングも発表しています。

こちらもあわせてご覧ください。

--------------------------------------------------------------------------
★多様な子どもたちの学びを支援する「アクセシビリティ」機能に関するセミナー
 1月23日にオンラインで開催、参加無料です。


★電子黒板・プロジェクターの製品比較ができる、デジタルカタログ無料配布中
 詳細は新着記事一覧からご確認ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[0] 目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事
[2] 人気記事ランキング
[3] 新着ニュース
[4] リクエスト/投稿
[5] バックナンバー/配信停止方法

EdTechZineのTwitterアカウント、Facebookページも公開しています。
* Twitter  => 
* Facebook => 

【随時更新】教育関係者向けのイベントカレンダーを公開しました!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事一覧:3本(12/24~1/7)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★小中学校における不登校の現状、教師・学校・保護者はどう支援すべきか
さまざまな背景・理由により「不登校になった」「不登校になってしまった」
小学生・中学生は、年々増加しています。
本人が望まない不登校を減らすための取り組みも大事かもしれませんが、
私は不登校児童生徒数が20万人近くに達した今、不登校になっても
支障がない学校・教育・社会システムが必要という立場を取っています。
本記事は、担当されているクラスに不登校の児童生徒がおり、
どう対応すればよいのかと悩む教員・関係者の方々や、
お子さまが小学校・中学校で不登校になり、悩んでいる保護者の方に
向けたものとなります。また当事者にとっても、一度客観的に
不登校を数字で見てみることで「不登校って普通だったんだな」という風に
捉えられるようになり、過去を引きずらないようになっていただければ幸いです。
筆者も小学校・中学校時代に不登校を経験しており、
その経験をきっかけとして、不登校や中退の研究を行っています。



◆2021年の記事・ニュースアクセス数ランキングトップ10
 【EdTechZineより年末のごあいさつ】
 今年もEdTechZineをお読みいただきありがとうございました。
2021年は、全国の小中学校で1人1台端末が導入され、
活用フェーズに入った「GIGAスクール元年」と言える年です。
本稿では今年EdTechZineで掲載した記事・ニュースの中から、
それぞれアクセス数をベースにしたランキングのトップ10をご紹介します。



◆4技能を伸ばす「これからの英語教育」とは?
 上智大学名誉教授の吉田研作氏とイーオンの教材担当者に聞く
 2020年より全面実施された新学習指導要領によって、
小学校における英語教育が本格化している。
5~6年生では「英語」の教科が時間数を増やした上で新設され、
3~4年生でも「外国語活動」として英語に親しむ機会が設けられた。
これらの枠組みの中では「聞く」「話す(やりとり、発表)」「読む」「書く」
の「4技能5領域」の力を育むことが、これまで以上に重視される
ようになっている。さらに、コロナ禍によって普及したオンライン授業は、
英語教育の領域でも注目されている。
このような背景を踏まえ、日本英語検定協会会長を務める
上智大学名誉教授の吉田研作氏と、子どもから社会人まで幅広く
英会話教室を運営する、イーオンの教材開発担当者の堀田和江氏に、
これからの英語教育に求められる学び方についてお話を伺った。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 人気ランキング(12/31~1/6)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<記事>

●1位 小中学校における不登校の現状、教師・学校・保護者はどう支援すべきか


●2位 無料で使えるクイズアプリ「Kahoot!」とは? 授業でクイズ大会を開こう


●3位 4技能を伸ばす「これからの英語教育」とは?
   上智大学名誉教授の吉田研作氏とイーオンの教材担当者に聞く


●4位 2021年の記事・ニュースアクセス数ランキングトップ10
   【EdTechZineより年末のごあいさつ】


●5位 日本の小学校で最も多い6名の教員が「マイクロソフト認定教育
   イノベーター」に選ばれた追手門学院小学校――その理由とは?


<ニュース>

●1位 メディアシーク、スクール向けAIレコメンドサービスの提供を開始


●2位 コロナ禍で受験生の保護者意識が変化、
   オンライン化の進む大学へのニーズが増加【サーティファイ調査】


●3位 Google Workspace for Educationアカウントで「Inspire High」への
   ログインが可能に


●4位 通信教育の満足度ランキング、「Z会の通信教育」「スタディサプリ」が
   1位に


●5位 「学習する学校」について考えるオンラインイベント、1月22日に開催


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 新着ニュース:45本(12/23~1/6)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・BenQ、武南中学校での電子黒板導入事例を公開(01-06)


・メディアシーク、スクール向けAIレコメンドサービスの提供を開始(01-06)


・コロナ禍で受験生の保護者意識が変化、
 オンライン化の進む大学へのニーズが増加【サーティファイ調査】(01-06)


・子ども向け英語のオリコン顧客満足度ランキング、
 「セイハ英語学院」「シェーン英会話 子ども英語」が1位に(01-06)


・23年卒学生、8割超が就職活動で「企業の成長性」を重視【学情調査】(01-06)


・しくみデザイン、主催プログラミングコンテストの応募作品数に応じて
 みんなのコードへ寄付を実施(01-06)


・Google Workspace for Educationアカウントで「Inspire High」への
 ログインが可能に(01-06)


・通信教育の満足度ランキング、「Z会の通信教育」「スタディサプリ」が
 1位に(01-05)


・首都圏在住受験生の保護者の23%、コロナ禍で受験を検討する大学が
 増えたと回答【サーティファイ調査】(01-05)


・8割以上の中高生が「プログラミングは必要なスキル」と認識
 【ナガセ調査】(01-05)


・中学受験する家庭は3割超、約4割が受験のため
 小学校を欠席することに賛成【CyberOwl調査】(01-05)


・論文の引用関係を可視化するWebアプリ「ScholarPlanets」がリリース、
 期間限定で無料利用が可能(01-05)


・GIGAスクール構想におけるセキュリティの課題と解決策がテーマのウェビナー、
 1月19日に開催(01-05)


・23年卒学生の9割超、就職活動では「企業の安定性」を重視
 【学情調査】(01-04)


・「学習する学校」について考えるオンラインイベント、
 1月22日に開催(01-04)


・新型コロナ禍での受験に保護者の約半数が不安も、
 2020年12月調査より2割減【やる気スイッチグループ調査】(01-04)


・自身が通う学校の制服が「好き」な高校生は約6割
 【カンコー学生服調査】(01-04)


・コロナ禍前後で新卒採用における学生の「優秀さ」の定義が変化
 【アカリク調査】(01-04)


・異文化共生スキルをオンラインで学ぶ教材「Global Up Teen」日本語版、
 学校向けに提供開始(01-04)


・成年年齢引き下げの親子意識調査、認知度は親子ともに9割以上
 【フリュー調査】(12-30)


・カタリバ、不登校児とその保護者に対するオンライン支援プログラムを
 本格始動(12-30)


・学生向け成長型ゲームコンテスト「ゲームクリエイター甲子園 2021」
 受賞作品が決定(12-29)


・「【受験×生理】親と子の意識調査」の結果が発表
 【エムティーアイ調査】(12-29)


・新型コロナ禍での就活のオンライン化に関する調査、
 メリット・デメリットが判明【ガリレオスコープ調べ】(12-28)


・中高生対象の「STEAM JAPAN AWARD 2021」オンライン表彰式が
 12月18日に開催(12-28)


・中央大学の学生、VRを利用した英会話カリキュラムを作成して
 授業を実施(12-28)


・カタリバ、ヤングケアラーとその家族に寄り添う
 オンライン支援プログラムをスタート(12-28)


・学校と外部人材をつなぐ無料サービス「リーチャー・ベース」が
 スタート(12-28)


・凸版印刷、外国人生徒の日本語読解力向上に向けてICT学習サービス
 「navima」を活用した実証研究を開始(12-28)


・「令和の日本型学校教育」を考える、奈須氏・堀田氏・合田氏登壇の
 教員向けオンラインセミナーが1月5日開催(12-28)


・調査に基づく「小学生白書」「高校生白書」が公開、約6割の小学生が
 友だちに嫌われないため自分の意見を言わないことがある(12-27)


・横浜市立大学、オンラインシンポジウム「これからのデータサイエンスと
 大学院教育」を2月4日に開催(12-27)


・エレコム、タブレット端末などを10台まで充電しながら収納できる
 保管庫を発売(12-27)


・2023年卒学生の約4割、新卒入社の会社で「定年まで働きたい」と回答
 【学情調査】(12-27)


・ICT CONNECT 21、奈良市でのGIGAスクール構想の取り組みを紹介する
 イベントを1月12日に開催(12-27)


・高校の1人1台事例を紹介、Google for Education主催のオンラインセミナーが
 1月29日に開催(12-27)


・エプソン販売、プロジェクションマッピング制作を通じて
 プログラミングを学ぶ「プログラマッピング」を開発(12-26)


・23年卒学生、8割近くが企業の「ビジョン」や「パーパス」を重視
 【学情調査】(12-25)


・スマートニュース メディア研究所、メディアリテラシー教育の
 授業実践例5本を無償公開(12-24)


・N高・S高と近畿大学、中央大学が共同で、VR空間でのオープンキャンパスを
 生徒向けに実施(12-24)


・GIGAスクール構想対応シングルボードコンピュータ
 「GIGA IchigoDake」が発売(12-24)


・富士通Japanと教材会社3社、デジタル教材の利活用に向けた
 共通プラットフォームの開発を開始(12-24)


・リクルートマネジメントソリューションズ、2022年卒学生対象の
 「大学生の就職活動調査2021」の結果を発表(12-24)


・世界最大のEdTechスタートアップコンペ「GESA2021」の日本大会で、
 Inspire Highが最優秀賞を受賞(12-24)


・関西大学中等部・高等部、生徒・保護者・教職員が参加の
 「全国コロナ検定」を実施(12-24)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] リクエスト/投稿
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「こんな記事が読んでみたい!」というリクエストがありましたら、
編集部までお気軽にご応募ください。その他のご要望にも柔軟に対応して
まいりますので、どしどしお寄せください。

・サポート用アドレスはこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] バックナンバー/配信停止方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーはこちらから⇒ 

メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/etz?token=eQYVE42L5145ccea546284e4e911163a226613dd&utm_source=19188&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・本メールへのお問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/etz/
 よりお寄せください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 EdTechZine編集部
(c)2017 SHOEISHA. All rights reserved.

Special Contents

PR

Job Board

PR

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング