Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

子ども向けオンライン英会話スクール「GLOBAL CROWN」のレッスンの特長と、学習効果を120%引き出すコツとは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レッスン専用アプリの紹介&レッスンの流れ

 レッスンは1回20分です。20分は子どもの集中力が続く時間であり、「楽しかった! もっとやりたい!」と思ったところで終える時間を設定しています。それでも20分間のマンツーマンレッスンは子どもにとって非常に長く感じます。そこで20分のレッスンを4つに区切って進めます。

レッスンの流れ
  • Greeting Time(3分)
  • Word Time(5分)
  • Phrase Time(10分)
  • Goodbye Time(2分)
20分間のレッスンの流れ
20分間のレッスンの流れ

 「Greeting Time」では、基本的な挨拶からスタートします。初めての先生なら「Nice to meet you!」で始まり、お互いの名前や年齢などの自己紹介をします。画面越しの先生に最初は緊張する生徒も多いですが、GLOBAL CROWNの先生は生徒の情報を事前に確認しています。

 名前、年齢、住んでいる都道府県、兄弟構成、英語以外の習い事、今の英会話レベルなどを把握をしているため、3~4歳の小さなお子様には、「先生、〇〇ちゃんのこと知っているんだよ」と、先生主導で生徒に問いかけながらレッスンを進めることができます。

「GLOBAL CROWN」のアプリ画面
「GLOBAL CROWN」のアプリ画面

 大人もそうですが、子どもも自分のことを好きな相手には安心して心を開きます。バイリンガル講師だからこそ、子どもたちの微妙な気持ちの変化を汲み取り、歩み寄ることができます。小学生以上ならどこに住んでいるのかも会話のネタとしてよく使われます。「Where do you live?」をいきなり先生に聞くのは難しいですが、最初に先生から生徒に質問をし、「同じことを先生に聞いてみて」と英文を言えるように促します。もう少しレベルが上がれば、「What did you do today?」などの会話からその日の学校の様子などを会話に取り入れます。

 「Word Time」と「Phrase Time」では、語彙力(英単語+フレーズ)を伸ばしていきます。やはり英会話スキルを高めるためには必要不可欠です。ですが、ただ暗記するだけでは楽しくなくなってしまうため、ゲーム性を取り入れながら英単語クイズを出したり、お店屋さんごっこのような、さまざまなシチュエーションを想定して英語を英語のままインプットしていきます。GLOBAL CROWNの生徒は「I」や「like」をそれぞれ分けて覚えるのではなく「I like ~」「I want ~」といったフレーズのかたまりで覚えていきます。

 英単語を覚えるときに、GLOBAL CROWNの先生たちがよくやっているゲームは、通称「爆弾ゲーム」です。「5秒以内にイラストを英語で言えなかったら爆弾が爆発しちゃうよ! five, four, three, two, one...」と飽きさせないように進行していきます。もう一つは、「3ポイントクイズ」です。ある英単語を思い浮かべ、相手に3つのヒントを英語で伝えます。「It's sweet.」「It's red.」「It' s fruits.」などです。正解はStrawberry(もしかしたらCherryも正解ですね!)ですが、1つの英単語から関連する他の英単語も覚えることができます。正解したらポイントをもらえたりすることで、先生と生徒で競ったりしながら楽しんでいます。

 お店屋さんごっこでは、アイスクリーム屋さんのシチュエーションイラストが人気です。同じイラストを使っても、まだまだレベルが低い生徒は「Do you like ~?」を練習したり、レベルが高い生徒は、先生が店員さん、生徒がお客さんと役を決め、アイスクリームを注文したりお金を支払うシーンを練習したりします。

 最後の「Goodbye Time」では次回のレッスンまでに覚えてくる宿題が出されます。「英単語3つが正解できるように」という生徒もいれば、「この質問をされたら答えられるように」という生徒もいます。その生徒の進捗やレベルに合わせて個別にカスタマイズをすることで、どんどん成長していきます。

レッスン中のイメージ
レッスン中のイメージ

 レッスン後、先生にはレッスン記録をしっかりと書いていただいています。どの英単語やフレーズを発したのか、どのシチュエーションを使ったのか、何が言えていて何が言えなかったのか、またレッスン以外に聞いた話なども情報として記録を残します。「小学校の休み時間に〇〇ちゃんと△△をして遊んだ」という日常生活の話も先生に話してくれる子もたくさんいます。

 小学生以上になるとお母さんやお父さんの前でレッスンするのを恥ずかしがって自分の部屋でレッスンをする生徒も多いですが、レッスン記録は登録のメールアドレスやアプリからいつでも見れるので、自分の子どもがどんな会話をしているのかを見ることができ、親御さんからも好評です。

GLOBAL CROWNを120%活かすコツ

 GLOBAL CROWNのマンツーマンレッスンをさらに活かすためのコツをいくつかご紹介します。

(1)レッスンの頻度

 多くの集団授業型の英語塾は、週1回40~60分程度のレッスンです。子どもが集中するには長すぎる時間ですし、他の日に英語に触れないとすぐに忘れてします。1回のレッスンの時間を長くするより、できるだけ頻度高く英語に触れる機会をつくることが大切です。

 また、せっかくGLOBAL CROWNを選んでいただくのであれば、週3回以上をおすすめします。これまでの生徒の成長グラフを見ていると、週2回と週3回に成長に差が出ています。子どもの生活リズムは一定なので、ご飯を食べる前や後、お風呂に入る前や後など、レッスンは21時まで行っているので、ぜひ毎日の生活のなかで英会話の時間をつくってください。

 ですが、最近の小学生は他の習い事もあり、なかなか時間を取るのが難しいですよね。もし、小学校で週1回英語の授業があれば、それと組み合わせて頻度を保っていただいても結構です。

(2)先生への評価やメッセージ

 GLOBAL CROWNのレッスンが終わると評価の画面が出てきます。先生への評価はExcellent/Great/Goodの3段階と先生へのメッセージを記入することができます。生徒の情報やスキルを踏まえて生徒とマッチングをしていますが、より先生とのマッチング精度を高めるためにも、よかった先生にはExcellentの評価とメッセージをぜひ書いてください。マッチングシステムが相性の良さを判定するだけでなく、運営スタッフはすべてのコメントに目を通しているので、その後もマッチングされやすくなります。

 逆に、万一相性が悪ければ先生に直接は言いにくいと思います。評価画面にレッスンに関する感想を書くことができるので、ぜひ遠慮なく運営スタッフにお知らせください。

レッスンの評価画面
レッスンの評価画面

(3)宿題の活用

 レッスンの最後のGoodbye Timeで宿題が出ると紹介しましたが、宿題の内容はレッスン記録にも書かれています。先生との20分のレッスンだけでも効果は感じていただけますが、レッスン時間外の学習サポートをしていただき、宿題をしっかりとクリアして次回のレッスンに臨むとより効果的です。

(4)レッスン内容をカスタマイズする

 GLOBAL CROWNでは、マンツーマンレッスンの特性を活かして、より生徒のご要望にお応えしていきたいと考えています。これまでも「学校でスピーチの宿題が出ているから英文を一緒に考えてほしい」「英検の2次面接の練習をしてほしい」「夏に海外旅行に行くので現地で使える会話を教えてほしい」など、生徒のご要望を先生にお伝えしてレッスンをカスタマイズしています。何か明確な目的があれば、ぜひ運営事務局へご要望をお寄せくださいませ。

無料体験レッスン、申し込み受付中!

 GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)は、バイリンガル講師によるマンツーマンレッスンです。アプリをダウンロードするだけで、おうちで安心して英会話レッスンが受けられます。

  • 対象年齢:3~12歳
  • 初めての英会話も安心
  • 「聞く・話す」に特化したカリキュラム
  • 使いやすいアプリ

 今の英語学習で満足していない方も、これから英会話を始めたい方もぜひ一度お試しください!

 ⇒無料体験レッスンを申し込む

関連リンク



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 道村 弥生(株式会社ハグカム)(ミチムラ ヤヨイ)

    明治大学商学部卒業後、 2007年に株式会社サイバーエージェントへ新卒入社。子会社経営、人事、新規事業開発などに従事。多くの学生や新社会人と会う中で、幼少期の原体験がその後の人生に大きな影響を与えていると実感し、2015年に株式会社ハグカムを設立。 自身も両親と祖父母の全員が教師という教師家庭で育っ...

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0