Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

日本MS、テレワークと学び直しで可能性を拡げる「Empowered JAPAN」を開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/06/25 14:33

 日本マイクロソフトは、Empowered JAPAN実行委員会と連携して、“いつでもどこでも誰でも働き、学べる世の中へ”をコンセプトに賛同パートナー企業各社と協力しながらテレワークと学び直しによって全国の個人と企業が持つ可能性を拡げるためのプロジェクト「Empowered JAPAN」を、6月24日に開始した。

 「Empowered JAPAN」は、AI時代に必要となるITスキル習得やインターン体験といった無償提供の教育プログラムや、地方におけるシェアオフィス/サテライトオフィスの活用、デバイスやツールの提供など、テレワーク環境の整備から構成される。

 まずは、7月22日~9月6日の「テレワーク・デイズ2019」にあわせて、全国の企業および対象地域で求職中の女性向けに、教育プログラムの提供を開始する。今後は、若者や高齢者、障がいを持つ人などへ対象を拡大するとともに、より多くの地域へプログラムを展開し、開始2年間で100社100名の参加、3年目には自走可能なモデルを確立し、全国展開を目指す。

 同プロジェクトは、日本が直面する少子高齢化、労働人口の減少、東京圏への一極集中といった社会課題解決の一助として、「より多くの個人が、住む場所にかかわらず自らのスキルを活かした仕事を行い、より多くの企業が離れた場所で働く個人を採用し競争力を上げられる世の中」を実現することを目的としている。

 日本マイクロソフトは、全国の自治体やパートナーと連携して、個人と企業の双方に対する教育プログラムの実証プロジェクトを展開し、Empowered JAPAN実行委員会は日本マイクロソフトと連携して佐賀県佐賀市、愛知県岡崎市にて説明会を開催する。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0