Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

アフレル、小中学生を対象にした「第4回 ロボット動画コンテスト」を4月11日から開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/04 16:00

 アフレルは、小中学生を対象にした「第4回 ロボット動画コンテスト」を開催する。作品募集期間は4月11日~5月16日。

第4回 ロボット動画コンテスト

 「ロボット動画コンテスト」は、特に「機構」「アイデア」「映像の魅力」の3点にフォーカスした審査で、子どもたちのものづくりへの情熱を応援するコンテスト。

 「第4回 ロボット動画コンテスト」のテーマは「未来の家」で、指定機材によって作成したロボットの90秒以内の動画を募集する。今回は「EV3部門」に加えて「WeDo2.0部門」が新設されている。

 「EV3部門」は、小学生~中学生が対象で、指定機材は「教育版レゴ マインドストーム EV3」(基本セット、拡張セット各3セットまで使用可能)。

 「WeDo2.0部門」は、5歳~小学6年生が対象で、指定機材は「レゴ WeDo 2.0」(基本セット3セットまで使用可能)。

 応募された動画はWeb上で公開し、5月21日~6月3日の一般投票を経て、6月中旬に審査を行い、6月25日に結果発表を行う。

 「EV3部門」の賞品は、グランプリ(1名)が「教育版レゴ マインドストーム EV3」基本セット、準グランプリ(2名)が「教育版レゴ マインドストーム EV3」拡張セット。

 「WeDo2.0部門」の賞品は、グランプリ(1名)が「教育版レゴ マインドストーム EV3」基本セット、準グランプリ(2名)が「レゴ WeDo 2.0 スマートハブ+パワーモーターM」。

 また、「EV3部門」「WeDo2.0部門」共通として、一般投票賞(5名)には500円分のアフレルオリジナル図書カードが、参加賞として応募者全員に「マインドストーム」ステッカーが贈られる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0