Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

オトナルとキカガク、新大学院生向けインターンシップ・プログラム「ディープラーニングインターンシッププログラム」を開始、AI技術を学びながら資格取得や実務での実践が可能

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/26 16:15

 オトナルとキカガクは、新大学院生向けに機械学習やディープラーニングなど最先端のAI技術を学びながら専門資格の取得、実務での実践に挑戦できるインターンシップ・プログラム「ディープラーニングインターンシッププログラム」の提供を、3月26日に開始した。

ディープラーニングインターンシッププログラム

 「ディープラーニングインターンシッププログラム」では、ディープラーニング協会が展開するディープラーニングを実装可能なエンジニア育成を目的とした検定資格「JDLA Deep Learning for ENGINEER(E資格)」を取得するための受講機会、資格試験の受験機会を提供するとともに、オトナルのインターンシップ生としてディープラーニングを活用したサービスの企画や開発の実務を行う、実践の場を提供する。

 オトナルとキカガクの特別提携によって、「E資格」の受験に必要なハンズオンセミナーの受講料(10万円)と、「E資格」の受験料(20万円)を両社が全額負担するため、インターンシップ生は無料で検定に挑戦できる。

 募集条件は、コンピュータサイエンスを専攻または機械学習を研究で利用し、2019年4月から大学院へ進学する大学生で、4月~2020年3月の1年間就業が可能な人。募集期間は3月26日~4月12日で、採用枠は3名。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0