Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

金沢工業大学、サイバー空間を活用したシンポジウム「Society5.0をリードする教育システムの構築」を3月27日に開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/20 13:20

 金沢工業大学は、サイバー空間を活用したシンポジウム「Society5.0をリードする教育システムの構築」を、3月27日に金沢工業大学・虎ノ門キャンパス(東京都港区)で開催する。参加費は無料で、定員は80名(先着順)。

 金沢工業大学では、Society5.0に対応できる人材を「高度な情報技術と複数の専門分野の知識と実践的スキルによって社会で適切な価値を創出できる人材」と考えており、そういった人材の育成を目指して、

  • 全学的な情報技術教育の導入
  • 社会実装を実現する6年制メジャー・マイナー制度の導入
  • 実務家教員を起点とした深い産学連携

という3本の柱で構成する教育改革を推進している。

 全学的な情報技術教育の導入では、学生だけでなく社会人も受講可能な、入門レベルから応用~実装レベルまでをカバーする「AIとビッグデータ」「IoTとロボティクス」「ICTと情報セキュリティ」の3コース14科目を2019年度から選択科目として開講する。なお、「AI基礎」と「ICT基礎」は2020年度入学生から必修科目となる。

全学的な情報技術教育の導入

 社会実装を実現する6年制メジャー・マイナー制度の導入では、社会実装を踏まえた工学に加えて他分野(「工学×リハビリテーション」「工学×経営」「工学×医学」など)の専門分野の知識と実践スキルを身につける6年制一貫コースを導入する。

6年制メジャー・マイナー制度の導入

 実務家教員を起点とした深い産学連携では、2019年度より実際の現場でさまざまな問題に向き合い、新たな解決法を生み出すリアリティを持った実務家教員による教育を推進し、企業での経験を活かしてアクティブラーニング科目や卒業研究・修士研究の研究指導などを担当してもらうことで、産学連携による社会実装型教育研究の充実を図る。また、実社会にある課題を深く理解できる人材を育成するために、企業や行政と連携したオンキャンパスインターンシップも推進していく。

実務家教員を起点とした深い産学連携

 「Society5.0をリードする教育システムの構築」では、現在進行中の教育改革の概要と、その教育を可能にする次世代教育環境の一端をデモを交えて紹介する。

 開催日時は3月27日13時~16時30分(12時30分開場)で、開催場所は金沢工業大学・虎ノ門キャンパス13階。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0