Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

TOKYO GLOBAL GATEWAY、利用対象を大学に拡大、第1号は拓殖大学商学部

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/18 14:45

 TOKYO GLOBAL GATEWAYは、今年度より利用対象を大学・専門学校等にも拡大。拓殖大学商学部が、新入生オリエンテーションプログラムのうちの1日として、4月6日に使用する。なお、同大学による利用は、大学の団体利用の第1号となる。

 TOKYO GLOBAL GATEWAYは、東京都教育委員会との官民連携事業として平成30年9月6日に東京・青海にオープンした、東京都英語村、体験型英語学習施設。

 まるで海外に来たかのような開放的な雰囲気の中で、自然に英語を話すことで楽しさや必要性を体感し、「通じた」「わかった」という成功体験から英語学習の意欲向上のきっかけ作りとなるよう開設された。

 オープン当初は学校団体利用として小学校~高校までを受け入れてきたが、2019年度から利用対象を大学・専門学校などにも拡大するとともに、大学側からの要望にも個別に対応する。なお、今回の拓殖大学のほか、すでに文京学院大学など数校から利用予約が行われている。

 今後は、大学・専門学校による団体利用のほか、企業研修なども展開し、利用対象をさらに拡大していく。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0