Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

小金井市立前原小学校がチャレンジする「新しい学びの形」

-[Vol.037]-------------------------------------------------------
このメールはEdTechZineで登録された方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------
こんにちは。EdTechZine(エドテックジン)編集部です。


今回のおすすめは、「未来の先生展2018」における東京都立小金井市立前原小学校
のプログラム、「未来の学び 体験教室!」のレポートです。
「ICTの導入だけでは教育は変わらない」という、松田校長先生の強いメッセージ
を聞くことができました。

詳細は、新着記事一覧をご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[0] 目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事
[2] 人気記事ランキング
[3] 新着ニュース
[4] リクエスト/投稿
[5] バックナンバー/配信停止方法

EdTechZineのTwitterアカウント、Facebookページも公開しています。
* Twitter  => 
* Facebook => 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事一覧:4本(10/5~10/19)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★小金井市立前原小学校がチャレンジ! 従来の枠組みを変える新しい学びの形
 教育の新しい形を考える「未来の先生展2018」が9月15日と16日の2日間にわたっ
て開催された。会場の聖心女子大には、公立・私立の学校、企業、NPO、一般社団
法人など、さまざまな参加団体が集まり、各教室でワークショップや講演が次々に
開催された。今回はその中から、東京都小金井市立前原小学校の「未来の学び 体
験教室!」をレポートする。



◆教育用プログラミングパソコン「IchigoJam」で
 IoTの基礎を学べるロボット「ソビーゴ」
 2020年のプログラミング必修化に向けて、子どもが気軽にプログラミングを学ぶ
ことができるマイコンボードや学習サービスが多く開発されています。その中で
も、遊びながらIoTを体験できる「スマートトイ」は、プログラミングに興味を持
つためのツールとして注目を浴びています。本連載では、プログラミングの世界を
知る最初の一歩にオススメのスマートトイを紹介していきます。連載第4回は、プ
ログラミング教育用に開発されたパソコン「IchigoJam」を用いて、組み立てたロ
ボットの制御にチャレンジすることができる教材「ソビーゴ こどもロボットプロ
グラミング」を紹介します。



◆話題のEdTechツールベンダー5社と、塾での活用事例を一気に紹介!
 「塾のためのITツール活用セミナー」レポート
 ICTの活用が「学び」を大きく変えようとしている。その波は学習塾業界にも押
し寄せ、講師不足や家庭学習管理といった塾が抱える課題解決に期待が寄せられて
いる。9月2日、注目のEdTechツールを提供する5社が塾向けにセミナーを開催し、
各ツールの紹介とともに導入した塾での活用事例が紹介された。その模様をレポー
トする。



◆LINEが取り組む情報リテラシー教育とは
 ――子どもたちに身近な課題として考えてもらうための教材開発
 スマホの急速な普及に伴い、SNSやチャットアプリの利用も増え、情報モラルや
マナーを知らないがために生じるトラブルも増加している。中でもLINEはクローズ
ドなやり取りができるため、子どもに使わせることを不安視する保護者も少なくな
い。サービスを提供している企業はどのような対策をしているのか、子どもたちや
保護者はどう対応すればいいのか。CSR活動として情報リテラシー教育に携わる、
LINE株式会社 公共政策室の浅子秀樹氏に話を伺った。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 人気ランキング(10/12~10/18)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<記事>

●1位 教育用プログラミングパソコン「IchigoJam」でIoTの基礎を学べる
   ロボット「ソビーゴ」


●2位 小金井市立前原小学校がチャレンジ! 
   従来の枠組みを変える新しい学びの形


●3位 話題のEdTechツールベンダー5社と、塾での活用事例を一気に紹介!
 「塾のためのITツール活用セミナー」レポート


●4位 LINEが取り組む情報リテラシー教育とは
   ――子どもたちに身近な課題として考えてもらうための教材開発


●5位 公立小中学校のICT環境が変わる! 
   導入したタブレットや電子黒板を無駄にしないために


<ニュース>

●1位 インプレス、『EdTechが変える教育の未来』を発売、
   海外事例や日本の課題を踏まえながら「EdTech」について解説


●2位 英語コーチングサービス「PROGRIT」、
   「PROGRIT オンラインコース」の受け付けを開始


●3位 CambrianRobotics、スマホでプログラムが簡単に作れる
   「AIロボットキット」「IoTホームキット」の
   クラウドファンディングを開始


●4位 デジタルコンテンツ協会、プログラミング教材、脳波解析、VRなど、
   ビジネス化を支援する先端コンテンツ技術を発表


●5位 「第15回 日本e-Learning大賞」など各賞が決定、
   「eラーニングアワード 2018 フォーラム」内で表彰式を開催


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 新着ニュース:41本(10/4~10/18)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・英語コーチングサービス「PROGRIT」、
 「PROGRIT オンラインコース」の受け付けを開始(10-18)


・インプレス、『EdTechが変える教育の未来』を発売、
 海外事例や日本の課題を踏まえながら「EdTech」について解説(10-18)


・CambrianRobotics、スマホでプログラムが簡単に作れる「AIロボットキット」
 「IoTホームキット」のクラウドファンディングを開始(10-18)


・「第15回 日本e-Learning大賞」など各賞が決定、
 「eラーニングアワード 2018 フォーラム」内で表彰式を開催(10-17)


・滋賀大学、大学院データサイエンス研究科で
 「Clouderaアカデミックパートナ―プログラム」を採用(10-17)


・ギノ、プログラミング学習ゲーム「コードガールこれくしょん」に
 「ハードモード」を実装(10-17)


・デジタルコンテンツ協会、プログラミング教材、脳波解析、VRなど、
 ビジネス化を支援する先端コンテンツ技術を発表(10-17)


・授業支援アプリのロイロ、教育機関向けiPad無料貸し出しの公募枠を
 大幅に拡大(10-17)


・マジェステック、無料の中国語学習アプリ「中国語耳ゲー for Android」の
 配信を開始、中国語のリスニングと発音の強化に特化(10-16)


・大阪大学大学院工学研究科とグロービス経営大学院の共同講座、まつりばの
 ブロックチェーン型のラーニングポートフォリオ「Joinny」を採択(10-16)


・ワークスアプリケーションズ、イノベーション人材の育成を目的とした
 教育プログラム「パトスロゴス」を立教大学で開講(10-16)


・TEPIA先端技術館、秋イベント「医療・健康×テクノロジー」を
 10月16日~11月25日に開催(10-16)


・中高生によるスマホアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園2018」、
 優勝は浅野啓さんと田村来希さんのゲームアプリ「PERVERSE」(10-16)


・グッドワークス、30日間でITエンジニアになれる短期習得パッケージ
 「ぼくらのあした SPEED MASTER」の提供を開始(10-15)


・CA Tech Kids、小学生のためのプログラミング体験ワークショップ
 「Tech Kids CAMP Christmas 2018」を12月に東京、大阪で開催(10-15)


・エムオーテックス、追手門学院のセキュリティブック活用事例を発表(10-15)


・アフレル、小中学生を対象にした「第2回 EV3ロボット動画コンテスト」を
 開催、テーマは「魔法」(10-15)


・第二回東京大学情報学環プログラミング教育シンポジウム
 「データ駆動社会に向けた未来の教育」開催(10-12)


・Schoo、リカレント教育・大人の学び直しをテーマにしたイベント
 「大人の学びの秋 -秋の夜長、お酒片手に“NO STUDY, NO LIFE”を考える-」を
 10月27日に開催(10-12)


・Amazon.co.jp、「Amazon知育・学習玩具大賞2018」を発表(10-11)


・キャスタリア、「Ozobot」を使った小学生向けオンラインプログラミング講座を
 NTT西日本のリモートサポートサービスにて提供(10-11)


・ECCと近畿大学附属小学校、英語の授業にAIを活用した
 外国語対話アプリを導入(10-11)


・AIプログラミング学習サービス「Aidemy」の公式教科書が10月22日発売、
 発売記念キャンペーンも実施(10-11)


・「DMM英会話」公式キャラクターの名前が「オーレン」に決定、
 ハロウィンイベントに命名後初登場(10-11)


・知育ロボット「スフィロ ミニ」、「Amazon知育・学習玩具大賞2018」の
 「部門賞:プログラミング」を受賞(10-11)


・千葉大学医学部附属病院、小学5・6年生を対象にした「亥鼻実験教室」を
 11月11日に開催(10-11)


・J:COM、「小中学生のスマホ利用に関する親の意識調査2018」の
 結果を発表(10-11)


・alinks、中学生を対象にした完全無料のオンライン学習塾「ゆめのば」
 11月に開校(10-10)


・オンライン英会話「ネイティブキャンプ英会話」、
 オリジナル教材「ビジネス英会話」上級をリリース(10-10)


・シェアウィズ、フィリピン人材創造情報センターとの提携で
 フィリピンの日本語学校向けにオンライン日本語講座を提供(10-09)


・ITエンジニアのための動画配信サイト「crash.academy」、
 Kotlinカンファレンス「Kotlin Fest 2018」の動画をリリース(10-09)


・サマデイ、公教育向けSNS型eポートフォリオ実証プロジェクト
 「Feelnote School」の第3期募集を10月に実施(10-09)


・子ども向けプログラミング教室「まならぼ」が、
 プログラミング講師のノウハウを学べる新講座を開設(10-05)


・イー・ラーニング研究所、「子どもの金融教育に関するアンケート」の
 結果を発表、約6割の子どもが交通系ICカードなどを使用(10-05)


・探究型学習「BOKEN」、イベントの運営受託・アウトソーシングサービスを
 開始(10-05)


・小学生向けオンラインプログラミング学習サービス「QUREO」、
 「関数」と「変数」の概念を学べる80レッスンを追加(10-05)


・キャスタリア、プログラミング教育指導者養成講座「CodeEdu/」第5期生
 (2018年度後期受講生)の募集を開始(10-05)


・グローバルキャスト、ドローン学習コンテンツ「Propeller Lab」の
 提供を開始(10-05)


・Sphero、プログラミングが可能なロボットボール「Sphero BOLT」を
 10月19日に発売(10-05)


・パーソルキャリア、データサイエンティストの成長支援プログラムを
 より多くの人に届けるべく拡充(10-05)


・日本MS、教育分野を含む「公共機関向けクラウドの導入・利用促進の
 支援プログラム」を開始(10-04)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] リクエスト/投稿
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「こんな記事が読んでみたい!」というリクエストがありましたら、
編集部までお気軽にご応募ください。その他のご要望にも柔軟に対応して
まいりますので、どしどしお寄せください。

・サポート用アドレスはこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] バックナンバー/配信停止方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーはこちらから⇒ 

配信停止はこちらのページにてお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/etz

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・本メールへのお問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/etz/
 よりお寄せください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 EdTechZine編集部
(c)2017 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0