Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

AI時代の「個性を伸ばす」教育とは?モーリー・ロバートソン氏が語る

-[Vol.033]-------------------------------------------------------
このメールはEdTechZineで登録された方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------
こんにちは。EdTechZine(エドテックジン)編集部です。


今回のおすすめは、国際ジャーナリスト、タレントとして活躍する
モーリー・ロバートソン氏が語る、これからの教育についての記事です。
近年注目されている「個性」や「クリエイティビティ」を伸ばす教育とは?
Adobe Education Forum 2018に登壇した同氏にインタビューし、
「幸せに生きるための学び」について、ユーモアを交えて語っていただきました。

詳細は、新着記事一覧をご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[0] 目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事
[2] 人気記事ランキング
[3] 新着ニュース
[4] リクエスト/投稿
[5] バックナンバー/配信停止方法

EdTechZineのTwitterアカウント、Facebookページも公開しています。
* Twitter  => 
* Facebook => 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事一覧:3本(8/3~8/24)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★AI時代に必要な「個性を伸ばす」教育とは何なのか? 
 ――モーリー・ロバートソン氏が考える、線路のない自由な学びの場
 AI時代と言われる近い将来、人として幸せな人生を送るためには、どのような能
力を高め、スキルを身につけるべきなのか。2018年7月23日に開催されたAdobe 
Education Forum 2018では、その答えの1つとされる「創造性」というキーワード
のもと、高校・大学の教育についてさまざまな視点から意見が交換された。基調講
演に登壇したモーリー・ロバートソン氏は、「個性こそ育まれるべき」とユーモア
を交えつつ熱く語る。果たして、現在日本の教育の何が問題で、どう変わるべきな
のか。日米の教育と受験を経験し、現在は国際ジャーナリストやミュージシャンな
どとして幅広く活躍するモーリーさん。講演とインタビューからその提言をお届け
する。




◆スマートフォンから制御してプログラミングを学べる
 最新トイドローン「Tello」
 2020年のプログラミング必修化に向けて、子どもが気軽にプログラミングを学ぶ
ことができるマイコンボードや学習サービスが多く開発されています。その中で
も、遊びながらIoTを体験できる「スマートトイ」は、プログラミングに興味を持
つためのツールとして注目を浴びています。本連載では、プログラミングの世界を
知る最初の一歩におすすめのスマートトイを紹介していきます。連載第2回は、デ
バイスから制御してブロックプログラミングを学ぶことができる最新トイドローン
「Tello」を紹介します。



◆世界中の人とプログラミングを学び合える! 
 ロボティックボール「Sphero」と専用プログラミングアプリ「Sphero Edu」
 2020年のプログラミング必修化に向けて、子どもが気軽にプログラミングを学ぶ
ことができるマイコンボードや学習サービスが多く開発されています。その中で
も、遊びながらIoTを体験できる「スマートトイ」は、プログラミングに興味を持
つためのツールとして注目を浴びています。本連載では、プログラミングの世界を
知る最初の一歩におすすめのスマートトイを紹介していきます。連載第1回では、
ロボティックボール「Sphero(スフィロ)」を、ブロックプログラミングで操作で
きる専用アプリ「Sphero Edu(スフィロ イーディーユー)」を紹介します。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 人気ランキング(8/17~8/23)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<記事>

●1位 AI時代に必要な「個性を伸ばす」教育とは何なのか? 
   ――モーリー・ロバートソン氏が考える、線路のない自由な学びの場


●2位 スマートフォンから制御してプログラミングを学べる
   最新トイドローン「Tello」


●3位 世界中の人とプログラミングを学び合える! 
   ロボティックボール「Sphero」と専用プログラミングアプリ「Sphero Edu」


●4位 「EdTechは日本の国策」――経産省が米国の教育イベント「SXSW EDU」で
   海外に向けてアピール


●5位 STEM教育を実践してわかった、「公教育」と「民間教育」それぞれの役割


<ニュース>

●1位 スマートニュース、チャンネルプラスに「英語学習」チャンネルを追加


●2位 AI教材のCOMPASS、STEAM教育を通じて社会問題を解決する力を養う
   「未来教育」プログラムの提供に着手


●3位 オンライン英会話「ネイティブキャンプ英会話」、
   日本人講師の採用およびレッスン提供を開始


●4位 AI英会話アプリ「TerraTalk」、ブラウザ版プレビュー提供開始、
   タブレット持たない学校向けに


●5位 「プロフェッショナル 子ども大学」開校、
   第1回のテーマは「ものづくりの『ヒットメーカー』になろう」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 新着ニュース:50本(8/2~8/23)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・多領域・他分野横断型の学びの実現を目的とした「未来の先生展2018」、
 9月15日・16日に開催(08-23)


・N高、通学コース「プログラミング クラス」を御茶ノ水・名古屋・心斎橋でも
 開設(08-23)


・スマートニュース、チャンネルプラスに「英語学習」チャンネルを追加
 (08-23)


・AI教材のCOMPASS、STEAM教育を通じて社会問題を解決する力を養う
 「未来教育」プログラムの提供に着手(08-23)


・フリービット、語学教育の「アルク」をEdTech事業展開の一環として子会社化
 (08-22)


・ジャパニアス、無料プログラミングスクール
 「AIP College|アイピーカレッジ」を開校(08-22)


・ホールハート、AIエンジニアを目指す学生のためのスクール
 「EDOTEC GLOBAL SCHOOL東京校」参加学生を対象にした意識調査の結果を公開
 (08-22)


・小中学生向け動画教育サービス「スクールTV」、
 Skypeオンライン英会話サービス「どこでも英会話」との連携を開始(08-22)


・東京医療保険大学、医療保健学部医療情報学科に特化した
 「ニッポンの医療は進化する。未来をつかむStudy Campus」を8月25日に開催
 (08-22)


・「iStudy ACADEMY」で新コース
 「G検定1発合格を目指すAIプランナー・コンサルタント養成コース」の提供を
 開始(08-22)


・日本マーケティングリサーチ機構、小中高生の保護者を対象にした
 「子どもの英語教育に関する意識調査」の結果を発表(08-21)


・花まるラボ、思考力を鍛えるiOS/Android向け新感覚RPG
 「Think!Think! Monsters」を公開(08-21)


・「プロフェッショナル 子ども大学」開校、
 第1回のテーマは「ものづくりの『ヒットメーカー』になろう」(08-21)


・ネパールの未来を変えつつあるオンライン学校とは? 
 途上国におけるEdTechの可能性を学ぶ勉強会が10月14日開催(08-21)


・AI英会話アプリ「TerraTalk」、ブラウザ版プレビュー提供開始、
 タブレット持たない学校向けに(08-21)


・オンライン英会話「ネイティブキャンプ英会話」、
 日本人講師の採用およびレッスン提供を開始(08-20)


・全国の高専生を対象にした「5G実現の基礎技術
 ~目指す未来とNTTドコモの取り組み~」講座、「gacco」にて8月30日に開講
 (08-20)


・瀧野川女子学園中学高等学校、創造性教育を支援するツールとして
 「MetaMoJi Share for Business」を採用(08-20)


・すららネット、小学生向け算数eラーニングシステム「Surala Ninja!」英語版
 をインドネシアのインターナショナルスクールに提供(08-20)


・プログラミング学習サービスのProgate、インドに現地法人
 「Progate Online Education」を設立(08-20)


・NexSeed、小中高生向けのプログラミング×英語スクール
 「ヴィムテックキャンパス by NexSeed」を9月3日に開校(08-20)


・ベネッセコーポレーション、小学生向けプログラミング指導案共有サイト
 「プロアンズ」のコンテンツを強化(08-10)


・シンドバッド・インターナショナル、「夏の受験勉強に関するアンケート調査」
 の結果を発表、受験生の84.3%が6時間以上睡眠(08-10)


・中国・清華大学の学生、専門学校HALへ短期留学してゲーム開発を体験(08-10)


・アイデミー、現役高校生・高専生にAIプログラミング学習サービス「Aidemy」の
 全講座を無償提供する特待生制度「Aidemy Youth Challenge」を実施(08-10)


・佐藤栄学園 さとえ学園小学校、AI型タブレット教材「Qubena」を導入(08-10)


・ユニティ、教員や教育関係者向け公式セミナー
 「Unity道場 幕張スペシャル2 -Education編-」を9月22日に開催(08-10)


・大阪バイオメディカル専門学校、こども夢・創造プロジェクトの一環で
 「細胞のふしぎ~細胞の染色標本を作り、観察しよう~」プログラムを開催
 (08-09)


・誰でも無料で学べるオンライン教育プラットフォーム「FREE UNIVERSITY」、
 10月12日に開講(08-09)


・ソニー・太陽、音の伝わる仕組みを学ぶワークショップ
 「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン」を9月9日に開催(08-09)


・国際教育カンファレンス「Edvation x Summit 2018」、11月4日・5日に開催
 (08-09)


・Amazon、多治見FCで1日職業体験プログラム「ジョブシャドウ」を8月8日に
 実施、高校生15名がSTEM教育を体験(08-09)


・「進研ゼミ小学講座」とエイベックス、かけ算九九が覚えられる
 映像学習コンテンツ「歌っておどって九九マスター!ZAN×ZAN×ZAN」を
 共同開発(08-08)


・ハニカムラボ、学生向け教育プログラム「VAIOミライ塾」に技術提供、
 VRコンテンツの開発受託などで協力(08-08)


・トラーナ、単価の高い知育玩具をレンタルする「トイサブ!プレミアム」を
 期間限定で提供(08-08)


・イノベーターを目指す学生向けハックイベント「JPHACKS 2018」、
 参加受付を開始(08-08)


・「家庭教師メガスタディオンライン」、家庭教師の採用にオンライン遠隔面接を
 本格始動、地方の講師確保に(08-07)


・DMM英会話、初のスピーチコンテスト「Rethink」を8月5日に実施、
 テーマは「英語で伝える、わたしの町」(08-07)


・CompTIA日本支局、学校機関を対象にしたセミナー
 「CompTIA Academic Summit 2018」を8月24日に開催(08-07)


・オンライン英会話「Kimini英会話」、
 「ビジネス英会話コース」を一般プランの生徒に無料解放(08-07)


・プログラミング教育メディア「コエテコ byGMO」、全国私塾情報センターが
 主催する「私塾界ソリューションセミナー2018 A/W」に協力(08-07)


・旺文社、大学受験生向け英単語アプリ「ターゲットの友」シリーズユーザーを
 対象にしたTwitterキャンペーンを開催(08-07)


・「スマートエスイー」第3弾として「IoTとシステムズアプローチ」
 「組込み・リアルタイムシステム」を「gacco」にて開講(08-07)


・学生向けテクノロジーコンテストの世界大会「Imagine Cup 2018」にて、
 東京大学のMediated Earチームが第3位に(08-06)


・i-RooBO Network Forum、体験型展示スペースを中心とした
 「オープンテクノロジーセンターRobo&Peace」をオープン、
 ICT教育を考えるイベントも(08-03)


・オトバンク、オーディオブック利用傾向に関するアンケート調査の結果を発表
 (08-03)


・N高と麻生塾が業務提携、IT・ゲーム・CG分野に特化した専門教育を行う
 「ASO高等部」を設立(08-03)


・九州産業大学、人事トータルシステムとして人工知能型ERPシステム「HUE」を
 採用(08-03)


・楽天、高校生と取り組む地域課題解決プログラム「Rakuten IT School NEXT」を 開始(08-03)


・アフレル、今年で3回目となる「夏休みロボットアイデアコンテスト2018」を
 (08-03)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] リクエスト/投稿
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「こんな記事が読んでみたい!」というリクエストがありましたら、
編集部までお気軽にご応募ください。その他のご要望にも柔軟に対応して
まいりますので、どしどしお寄せください。

・サポート用アドレスはこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] バックナンバー/配信停止方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーはこちらから⇒ 

配信停止はこちらのページにてお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/etz

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・本メールへのお問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/etz/
 よりお寄せください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 EdTechZine編集部
(c)2017 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0