Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

COMPASS、総額6億円の資金調達を実施、楽天の共同創業者・本城慎之介氏の社外取締役への招聘も

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/04/13 11:30

 COMPASSは、個人投資家2名、事業会社1社、機関投資家2社を引受先に、第三者割当による新株式の発行・割当で、総額6億円の資金調達を3月30日に実施した。また、楽天の共同創業者であり、現在は軽井沢風越学園設立準備財団理事長を務める本城慎之介氏を、社外取締役として迎え入れる。

 今回の資金調達によって、資金調達の累計額は8.6億円となり、同社が開発する人工知能型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」のコンテンツ拡充、新たな教科・教材開発を加速するとともに、新規事業への積極的参入などを視野に、事業拡大、人材採用を行っていく。

 また、新たに社外取締役に就任する本城慎之介氏は、慶應義塾大学大学院在学中の平成9年(1997年)に三木谷浩史氏とともに楽天を創業し、取締役副社長を務める。平成14年(2002年)に退任した後、音別を設立して「教育」をテーマに活動を始め、横浜市立東山田中学校長、東京女学館理事を歴任。平成21年(2009年)から軽井沢町に生活拠点を移し、野外保育「森のようちえんぴっぴ」の運営と保育に関わる。平成28年(2016年)12月に軽井沢風越学園設立準備財団を設立し、同財団の理事長を務める。

本城慎之介氏
新たにCOMPASSの社外取締役に就任する本城慎之介氏

 本城氏は、社外取締役就任にあたって、「COMPASSのテクノロジーを1人ひとりのさまざまな学習に活かすことで、よりたっぷりと深く試行錯誤をしながら、学べる環境を構築できるのではないかと考え、今回の出資に至りました。学習の効率を高めるだけでなく、学習者が自分自身の持っている能力を発揮することを支援するシステムが開発されることを期待しています。1人でも多くの学習者に、COMPASSが開発するシステム、提供するサービスを届けていきたいと考えています」とコメントを寄せている。

 COMMPASSは、同氏の豊富な経験と見識によって、新たな教材コンテンツの開発や、事業基盤の強化を行っていく。


【関連リンク】
COMPASS

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0